MENU
クリックして 起立時の心拍をチェックしよう

ねずみ 過剰タイプ

自律神経基礎活動、自律神経活動の反応力は低下しておらず、常に闘争・逃走モードの交感神経が働いていて、休息モードの副交感神経があまり機能していないときによくみられます。

目次

バックは何色?

きりつ名人スコアにより色が異なります。

良好
やや注意
注意

安静時自律神経活動・自律神経反射機能は年齢とともに低下するという傾向があります。ねずみタイプでは安静時自律神経活動・自律神経反射機能が年齢標準と比較して低下しておらず(標準もしくは過剰)、安静時から交感神経が過緊張のタイプです。常に過緊張状態で、過度なストレスが考えられます。心拍数が速いかどうかチェックしてみてください。

安静から起立時の自律神経活動・交感神経・副交感神経・心拍をグラフで表したものです。ねずみタイプの特徴としては安静時・起立時交感神経活動が過剰で高いレベルを表示しています。(このグラフは詳細モード時に印刷・表示されます。)

“こころ”からのおすすめ

過緊張状態みたい。
いつでもすぐにできる呼吸を意識的にしてみてね。

ゆっくり吸うと交感神経が刺激され、ゆっくり吐くと副交感を刺激瞑想は疲労が溜まった脳をリラックスさせる効果があるといわれています。

不安や緊張が強くなった時、呼吸も浅く、速くなり、汗が出てきて心臓もドキドキ。こんな時は「深い呼吸」を心がけてみてください。ゆっくり吸うと交感神経が刺激され、ゆっくり吐くと副交感神経が刺激されます。

まずは「いーち、にー、さーん」と頭の中で数えながら、ゆっくりと口から息を吐き出します。息を吐き出せたら、同じように3秒数えながら、今度は鼻から息を吸い込みましょう。

目次
閉じる