MENU
クリックして 起立時の心拍をチェックしよう

コアラ 無反応タイプ

活動モードの交感神経が低下している時に見られます。

目次

バックは何色?

きりつ名人スコアにより色が異なります。

良好
やや注意
注意

安静時も活動モードの交感神経が低く、起立した時反応していないときに見られるタイプです。

安静時の自律神経活動が小さい場合にこのように交感神経が反応しない時は、予備力注意タイプになります。

“こころ”からのおすすめ

意識的に歩いてみない?
ウォーキングは自律神経を活性化させ、リズム改善につながるといわれているよ。

リズムを整えると、自律神経の乱れが改善するといわれています。ウォーキングもリズム運動です。視線は遠くに、肩の力を抜いて、胸をはり、背筋を伸ばし、胸は前後に大きく、かかとから着地し、歩幅はできるだけ大きくウォーキングしてみませんか?

目次
閉じる