クリックして 起立時の心拍をチェックしよう

心臓のリズムと自律神経

疲れがとれない、眠れない、トイレで目が覚めるなど 該当することはありませんか?

それは、自律神経がストレスに対して上手く反応できないことが原因かもしれません。

最近よく耳にする自律神経ですが、ストレスに対して、こころとからだを適切な状態にたもつためにコントロールしています。自律神経には、活動をつかさどる交感神経、休息をつかさどる副交感神経があります。大切なことは交感神経と副交感神経のバランスだけではなく、適切に反応できるかどうかです。

視床下部から発せられる自律神経の信号に反応して、心拍を速くしようとする交感神経、心拍を遅くしようとする副交感神経が拮抗し、1拍1拍の心拍を決めています。心拍は微妙に揺らいでいます。 揺らいでいる心拍の“ゆらぎ”を解析すれば自律神経の働きを見ようというのが心拍変動解析です。