クリックして 起立時の心拍をチェックしよう

結果について

メッセージに心当たりはありませんか?主観(問診結果)とのギャップはありませんか?気がついていない隠れ疲労などもあります。自律神経活動には個人差があります。標準と異なっているからと言って直ちに異常とは言えません。また、その日の体調によっても異なります。総合スコア・メッセージとともに、ご自身の健康への気づきにお役立てください。

きりつ名人の年齢標準と比較して、5つの項目に対して、どのような特徴があるのかを表しています。青色が標準、赤色が低下、黄色が過剰。低下は注意、過剰はやや注意。を表しています。

①基礎活動  
ストレスに対する基礎対応力を表示。自律神経で表すと、自律神経活動全体。
②緊張度   
安静時の緊張度合いを表示。自律神経で表すと、安静時の活動モード(交感神経の活性化)。
③反応力   
ストレスに対して反応できるかを表示。自律神経で表すと、起立時に自律神経活動が活性化できているかどうか。
④切替力   
ストレスを検出し、切替えられるかを表示。自律神経で表すと、起立時に交感神経(活動モード)に切り替えができているかどうか。
⑤バランスの回復力  
ストレスからの回復のしやすさを表示。自律神経で表すと、副交感神経の働き。

あなたはどのキャラクタ?(タイプ)